2021.10.28 Thursday

日記

2021-09-26 23:40:00

バランスをとって生きる自分①

 

 

私がまだ、師匠からレッスンを受けていた頃…

 

「りえちゃん(私の名前)、もうそろそろ

"自分の人生を生きる覚悟を決めたら?"」

 

と、さらりと言われたのでした。

 

え?私、自分の人生を生きるってこと、決めれてなかったの??と、直ぐに?と思いました。

私なりに、自分らしく生きてきたつもりだったから…頭の中、はてなマーク?でいっぱいになりました。

 

 

 

今回は私のお話をさせてください。

短的にまとめられないので、ちびちびと

綴ろうと思います。

 

 

小さな頃から、

いろんな出来事があり、 

ストレスがかかる出来事が起きた時、

その度に小さなりえちゃんの

こころのバランスを崩れました。

そして、

私が私を生きる為の思考やバランスをとる為の

術を身につけていきます。

 

こころは崩れた、傷ついた、自分を

なんとかバランスを保とうと働きます。

 

その術は、決めつけの心の会話、決めつけの思考、決めつけの自分…自分を生きる考え方そのものになっていきました。

 

幼少期に親から受ける…思い込みもあったと思います。

 

そして、この、決めつけや思い込みを、自分に

いっぱい貼り付けて、ガチガチに生きてきたのでした。

 

例えば…

私の場合…

 

あんたはいつも中途半端だ。

あんたは面白い顔だ。

あんたは直ぐそうやって考えるからダメだ。

迷惑ばかりかけて生きるな。

私は価値がない人間だ。

私は居場所がない。

私のせいでごめんなさい。。。などなど…

 

そうして、私は、この親に言われたことや

自分で決めつけた自分と生きていくことになったんです。

 

この先、どんどん、自分、がわからなくなる

年月を歩んでいくことになります。

何かにしがみつき、何かのせいにして

誰かのせいにして、

(自分ではそんな意識ないけれど)

バランスを保っていくことになります。

 

 

 

 

この話は…なかなか一回に話せないかもなので、

また、お話させてください〜