2021.11.29 Monday

日記

2021-10-30 19:05:00

受け取っていいんだ!〜ガチガチな自分が緩んだ時〜

 

先日、ある人との会話で氣づいたことがありました。

…ねぇ、そう思うから伝えてるのに、それ以上に

何があるの?…と。。。

一緒にいた友人が、私のことを

褒めてくれたのです。

いいと思うから、こうして伝えているんだよ?

…私の頭の中は、…いやいや…そんな訳ないじゃん。だって、私、そんな価値ないのに…どうせ私なんて…社交辞令よ…と、

捻くれものの私が登場しました。

どうして?と、疑うは、

「そんなことないよ!」と首を振るばかり(^_^;)

 

 

昔から、無価値感が大きくある私、

今までに生きてくる中で…

他者との会話の中で居心地の悪さを

感じる時が何度もありました。

 

"〇〇ってかわいいよね"

"〇〇の感覚がすき〜"

"〇〇だからいいのだよ"

"今日はご馳走させてね"

"〇〇だから癒されるのよ"

 

いやいやいやいや…と、受け取ることをしないのです。

 

私なんて。。。がんばってないと価値ない!と、

とにかく、ただ、がんばる。

私なんてつまんない人間だから…応えないと、目の前の人に悪いよね!

だから…とにかく、自分をおバカに扱ってでも、笑っている。

 

今までの自分は、自分を価値ある人として、

女性として、自分の想いや感情を大切に扱ってきただろうか。

 

小さい頃の私、本当は欲しい服やおもちゃがあるのに、あれが欲しい!と言える子ではありませんでした。 

本当は甘えたいのに甘えれる子ではありませんでした。

親にとって…そんな私は迷惑ばかりかける子で、

全てが中途半端で、悪いとこばかりの面白い顔の子。と、

私にはインプットされていました。

と、私が、自分で決めてたんですけどね…

 

 

いわゆる…機能不全家族の中で育った私は、

小さい頃〜大人になる過程において、

感情が抑圧され、いびつになり…

感情を正直に口に出来ない

恥、罪悪感、恐れの中にあり…存在していたのだと思います。

 

だから、感情をそのまま表現することを

いい年になるまで出来ずにきました。

 

中途半端はダメだから、決めたことは、とにかく

がんばるの!!と、女戦士のように

がんばって生きてきた私。

弱さを出すこと、誰かに頼ること、

人から言われたこと、好意や氣持ちを受け取れず

(本当は嬉しいし、もう、誰かに弱さを出したい…

助けて欲しい…)

頑なに生きてきたのです。

どうしたらいいのかわからなかった…

って感じかもしれません。

 

でも、、、

女戦士やガチガチな鎧を着ての生き方をする私、

ありのままのグレーの状態の

自分を認めて、自分をわかってあげて、

自分の氣分をよくすることをしていたら…

 

自分という存在や女性としての自分、感情、想い、魂の声が聞こえてきたのでした。

 

 

そんなこんなで、友人との会話から…

あ〜!!

私、受け取っていいんだ!と、

腑に落ちたのでした。

 

ずっと…自分の中の、

自分自身と、

女性性の部分って、緩ましてあげれなかったし、癒してあげれていませんでした。

 

 

今は、

「ありがとう!嬉しい!」って、

素直な氣持ちを表せる自分が嬉しいし、

そんな自分と居る、自分も好き^_^

なんとも氣持ちがいいです。

きっと、伝えてくれた相手も嬉しいし、良い循環が起きるのですね(*^▽^*)

 

受け取っていい!

大切な氣づきをありがとう!でした( ´ ▽ ` )ノ

 

 

お読み頂きありがとうございました♪

 

今日も素敵な時間を過ごせますように(*^_^*)