2021.11.29 Monday

日記

2021-11-12 20:05:00

からだからのメッセージ〜こころのサイン〜紅葉編

私が漢方の勉強をさせて頂いた時に教わった
こころに響いた考え方があります。
「心身一如(しんしんいちにょ)」
漢方の基本の考え方で、からだはこころで、
こころはからだ。
からだが病めば、心も病む。
心が病めば、からだも病む。
と、いう考え方です。
日々、お客様のカウンセリングをしたり、
家族や友人、周りの方々、そして自分を含めて
心身一如だなぁ〜と、感じることが多いです。
例えば…風邪をひいてしまった。頭痛がする。
めまいがする。からだに湿疹ができた。
ニキビができた。口内炎ができる。
やっぱり、それぞれに原因があるけれど
氣持ち的にもショックだったり、不快だったり、やる氣が損なわれたりします。
また、こころに不安や緊張感があるとお腹が痛くなったり、氣持ち的にも頑張り過ぎていたら、肩こりや頭痛が酷くなった、表現出来ずに抑え込んでいたら吐き氣がしてきた。など、
からだがこころからのメッセージを教えてくれることもあります。
病氣やからだやこころの不調は、
それを患った人にとって全て意味があることであり、からだやこころからのサインでありメッセージである。
からだやこころの不調は、必ず原因があり
それに氣づくことで、半分あるいはそれ以上治ってしまうことがある。と、教わりました。
(もちろん、現代の医学からの見方も大切ですよね。検査をして、血液の数値から氣づくこともありますし、レントゲンや内視鏡などで診てわかることも。)
今回は、病氣や痛みや不調は
こころからのサインもあるのですよ!という
お話です。
どうしても、辛い症状や不調があると、
まず、症状を消す、ことに集中してしまいます。
原因をみず、症状だけを消したところで、
やがて、また症状や不調が現れてくるでしょう。
カウンセリングしていると、
その方のその症状の原因が
ちゃんとあることに氣づいていきます。
生活の中での見直しがあるかもしれない…
(睡眠や運動、姿勢、呼吸、お仕事、人間関係
ストレス、家族とのこと…など)
日々の食事や飲み物、飲食も見直しあるかもしれない。。。
それらの原因もだし、その原因と共に
こころや感情にも原因があり、深く結びついているのだと実感しました。
私達は、無意識のうちに、自分にとって
マイナスな思考をしていたりします。
食べ物を激しく食べたい→ストレスがある→
イライラする→思うような現状ではない→
自分がコントロールできない→自らを愛することができない。母親を認めていない。→母親の女性の部分、自分の女性原理を受け入れることができない。
とか、
めまいがする→ストレスや疲労や寝不足が続いている→自律神経やホルモンバランスが乱れている。加齢によって機能が低下したり(漢方的には水滞や血虚だっり)。→過剰な想像にある→幼い頃に大きな苦しみや恐れを経験し、解決できずにらいた→他者を許して自分も許すことを教えてくれている。
など…
その症状や不調は、原因に氣づくことで
私達に、より自分の人生を自分らしく生きる為の
メッセージを送ってくれているのだと
思います。
私も最近、吹き出物が今までにできたことがない場所にでき、メッセージがあるなと…(^_^;)
私も、自分をわかってあげる時間を
与えられているのかもしれません。
お読み頂きありがとうございました(*^_^*)
立冬も過ぎ、寒さが増してきましたね。
どうぞ暖かくされて、お過ごしくださいね^ ^