2021.11.29 Monday

日記

2021-11-16 18:05:00

わたしは私のために生きる。〜娘との体験〜

 

 

 

今日はわたしごと、ブログです。

 

先日、娘と一緒にとあるボディワークの講座を

受講しました。

 

昨年のコロナ禍の大学1年目、東京での一人暮らしの過程において、彼女の人生の中で

大きなスランプに直面しました。

こころとからだは素直だと思うのですが、

この1年間、彼女の母親として、1人の人間として

女性として、そのサインやメッセージを一緒に

受け取りながら、波が大きい時も、荒い時も、

穏やかな時も、止まってる時も、、、

共有して過ごしてきました。

 

そんな娘にとって、この期間は

人生を大きくみた時に、大切な自分を知る、

わかってあげる、自分を生きる為に、

意味ある時間になっているのだなって感じています。

 

 

こころやからだのこと、

自身の不調や出来事から、たくさん感じてあげる

時間を頂けていると思います。

 

そんな中、私のお仕事のひとつである

セラピストの分野にも、興味を持ってくれていました。

 

からだの作り、からだの反応、影響。

臓器や部位、筋肉や骨や皮膚、血液やリンパ液やガスや…

体感している感覚。

こころや感情、意識と繋がっていること。

どんな時にこの症状は出るのか。

どんな時に痛いのか、氣持ち悪くなるのか。

緊張しているか、緩んでいるのか、

冷えているか、熱がこもっているのか、

からだには、

いろんな情報があるのですね。

感情も密接に関係しています。

 

 

娘自身が自身の不調やボディメンテナンスから

ストレッチや筋トレを積極的に取りいれて

いて、それ以外のケアで私のマッサージを

受けてくれていました。

その流れで、自分もできるようになりたい!と、親子でのアロマボディワークの講座への参加を決めました。

 

 

ふれあう喜び。とっても、暖かい学びをしました。

誰かに触れてもらうことで、優しい氣持ち、幸せな氣持ち、安心感などが自然に生まれます。

 

癒し効果があり、ストレス緩和や痛みの緩和、

情緒の安定、血圧の安定、認知症の徘徊の減少、傷の治癒の早まり、生活習慣病の予防、筋肉が若返る…

などなどの効果があり…オキシトシンというホルモンが分泌されると言われています。

愛情ホルモンや幸せホルモン、絆ホルモンというらしいですが…

 

触れてもらうことで、

そして触れることで、優しい氣持ちになれる。。。

 

そして、自分という存在を感じ、からだを感じ

生きていること、活かされていること

を実感するのでした。

 

娘とふれあう喜びの体感をできて

とっても嬉しかったです。

 

あれから、習ったボディワークの練習を通して、

娘を知る、自分を知る。お互いを受け入れ、

お互いの存在を愛おしく感じる。

皮膚や肌から感じる感覚から緩みがでて、

わかち合うことも増えました。

 

娘にとって、どうプラスになるかはわからないですが、アロマボディワーク講座、受講して

よかったです♪

 

そして、最後に…

私の心にとっても!響いた言葉を載せさせてください。

 

 

 

ゲシュタルトの祈り

 

 

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

 

私は何もあなたの期待に応えるために、この世に

生きているわけじゃない。

 

そして、あなたも私の期待に応えるために、

この世に生きているわけじゃない。

 

私は私。あなたはあなた。

 

もし、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

 

たとえ出会えなかったとしても、それまた同じように素晴らしいことだ。

 

 

 

 

本来はみんな完璧な存在なんですもんね。

娘のことも、娘の今も、娘が選んでいること。

娘の未来も、まんまの姿も、信頼し、尊重し、

どうにかしようとしなくていい。

まるごと、素晴らしいのだと思いました。

 

だからこそ、自分自身を大切にしようと思いました。

 

 

来月も、また、娘とアロマボディワークの講座です。楽しんでいきたいと思います。

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

今日1日も、お仕事も、お疲れ様でした。

皆様にとって、良い夜の時間をお過ごし下さいね

(*^▽^*)