2021.11.29 Monday

日記

2021-10-30 19:05:00

受け取っていいんだ!〜ガチガチな自分が緩んだ時〜

 

先日、ある人との会話で氣づいたことがありました。

…ねぇ、そう思うから伝えてるのに、それ以上に

何があるの?…と。。。

一緒にいた友人が、私のことを

褒めてくれたのです。

いいと思うから、こうして伝えているんだよ?

…私の頭の中は、…いやいや…そんな訳ないじゃん。だって、私、そんな価値ないのに…どうせ私なんて…社交辞令よ…と、

捻くれものの私が登場しました。

どうして?と、疑うは、

「そんなことないよ!」と首を振るばかり(^_^;)

 

 

昔から、無価値感が大きくある私、

今までに生きてくる中で…

他者との会話の中で居心地の悪さを

感じる時が何度もありました。

 

"〇〇ってかわいいよね"

"〇〇の感覚がすき〜"

"〇〇だからいいのだよ"

"今日はご馳走させてね"

"〇〇だから癒されるのよ"

 

いやいやいやいや…と、受け取ることをしないのです。

 

私なんて。。。がんばってないと価値ない!と、

とにかく、ただ、がんばる。

私なんてつまんない人間だから…応えないと、目の前の人に悪いよね!

だから…とにかく、自分をおバカに扱ってでも、笑っている。

 

今までの自分は、自分を価値ある人として、

女性として、自分の想いや感情を大切に扱ってきただろうか。

 

小さい頃の私、本当は欲しい服やおもちゃがあるのに、あれが欲しい!と言える子ではありませんでした。 

本当は甘えたいのに甘えれる子ではありませんでした。

親にとって…そんな私は迷惑ばかりかける子で、

全てが中途半端で、悪いとこばかりの面白い顔の子。と、

私にはインプットされていました。

と、私が、自分で決めてたんですけどね…

 

 

いわゆる…機能不全家族の中で育った私は、

小さい頃〜大人になる過程において、

感情が抑圧され、いびつになり…

感情を正直に口に出来ない

恥、罪悪感、恐れの中にあり…存在していたのだと思います。

 

だから、感情をそのまま表現することを

いい年になるまで出来ずにきました。

 

中途半端はダメだから、決めたことは、とにかく

がんばるの!!と、女戦士のように

がんばって生きてきた私。

弱さを出すこと、誰かに頼ること、

人から言われたこと、好意や氣持ちを受け取れず

(本当は嬉しいし、もう、誰かに弱さを出したい…

助けて欲しい…)

頑なに生きてきたのです。

どうしたらいいのかわからなかった…

って感じかもしれません。

 

でも、、、

女戦士やガチガチな鎧を着ての生き方をする私、

ありのままのグレーの状態の

自分を認めて、自分をわかってあげて、

自分の氣分をよくすることをしていたら…

 

自分という存在や女性としての自分、感情、想い、魂の声が聞こえてきたのでした。

 

 

そんなこんなで、友人との会話から…

あ〜!!

私、受け取っていいんだ!と、

腑に落ちたのでした。

 

ずっと…自分の中の、

自分自身と、

女性性の部分って、緩ましてあげれなかったし、癒してあげれていませんでした。

 

 

今は、

「ありがとう!嬉しい!」って、

素直な氣持ちを表せる自分が嬉しいし、

そんな自分と居る、自分も好き^_^

なんとも氣持ちがいいです。

きっと、伝えてくれた相手も嬉しいし、良い循環が起きるのですね(*^▽^*)

 

受け取っていい!

大切な氣づきをありがとう!でした( ´ ▽ ` )ノ

 

 

お読み頂きありがとうございました♪

 

今日も素敵な時間を過ごせますように(*^_^*)

 

2021-10-26 18:05:00

その自分好き?

もやもや。な自分。
今の自分…自分がわからない。
どうしたらいいのか、わからない。
なんだか、腑に落ちず、とりあえず保っている…
ため息もでちゃうけど、何がそうさせているのか。。。
そんな自分に遭遇する時もあります。
例えば…
友達、彼氏といる…
友達や彼氏のこと…好きなんです。
お話を聞いていくと、、、
でも、、、その友達や彼氏といる自分は好きじゃない…自分がいるのです。
どうして?
友達といる時、無理している。友達に合わせてしまう。明るくいようと、務めている。 
できる人やいい人を続ける。
いいたくないこと、したくないことを言っている、している。
彼氏といる時、いい女を演じている。大人な自分を演じている。いいたいことも我慢している。
弱音や素直な自分を開放できていない。
わかったフリをしている。。。
なんか、
疲れちゃったな。
その人と付き合っている自分…
もっと大事にしてあげないの?
好きじゃない自分を続けるの?
友達といる時、合わせるのを辞めた。
無理するのを辞めた。
彼氏といる時、いい女を辞めた。
素直に氣持ちを伝えるようにした。
氣持ちがスーっと軽くなった。
もやもやが消えた。
友達が、彼が、あなたを好きかどうかより
あなたといる私を好きかどうか。。。
その自分を好きかどうか。
とっても、大事な、氣づきに繋がると感じました。
自分を好きな自分。
このことをする自分好き。
そこからの選択は、何よりのこころが喜び、
満たされ度合いが違いますし、
相手にも、起きるモノコトにも、
より心地よい、信頼や愛を築いていけるのだな〜と、感じています。
さて。先日の自分フラワーエッセンス。
今回はバッチフラワーオラクルカードで
選択しました(*^▽^*)
なんだか疲れちゃってる。(オリーブ)
過去の良かった頃の中にいる。(ハニーサックル)
批判的な自分(ビーチ)
憂鬱や落ち込み、疑いや重たい氣持ちに押しつぶされている。(マスタード)
不満や怒り、人生は不公平だ、何で私ばっかり…。(ウィロー)
の、5つのレメディ達。
毎日服用している中で…
この、感情達を潜在意識に感じる時間を
与えて頂きました。
そこからの…その自分好き?という氣づきに
至りました。
私はずっとよくしてくれている友人との
ことで感じる、モヤモヤがありました。
モヤモヤの正体は、
〜を選択している、行動している、自分が
嫌だった、無理していた、
1人になる怖さや不安や悲しみから…
本当の自分を選択して来ないでいたことなんだと
氣づきました。
あなたを好きでいてくれるかどうかより、
あなたといる私を好きかどうか。
このことをしている私を好きかどうか。
大切にしたいと思います。
今日もお読みいただきありがとうございました
(^-^)/
皆様も素敵な時間をお過ごしくださいね♪♪
2021-10-23 12:05:00

頼っていいよ。〜こころが満たされたこと〜

↑10月20日の満月🌕です!とっても明るい!!

くっきり見えて嬉しかったのです。

 

 

私は小さな頃から自分のいいたいことを言えなかったり、素直になれないような子でした。

 

小さいながらに…いわゆる子供らしさがなく…

感情を素直に出せる子ではなかったんです。

 

 

 

両親共稼ぎで、

保育園時代は園が終わると、

祖父母のうちに預けられていて

…小学校時代〜鍵っ子で育ちました。

祖父母のうちの中では、従兄弟達がいるので

自分自身が…知らずに身につけた我慢や遠慮グセを身に纏い、

うちに帰ると、疲れた母親と遠くに感じる父親を感じながら過ごしました。

そんな母親や父親の顔色をみては、

家事の手伝いをしたりしながら

自分の感情にフタをしてきたように感じます。

 

私のことが原因で、喧嘩になってしまったり

父親が大きな声で怒鳴ったり手をあげるので

母親が私が寝ている側で泣いていたり、母親はため息ばかりついていたように記憶しています。

 

私自身、今もだけど…お勉強も好きじゃなくって

両親が思う良い子ではありませんでした。

思春期は荒れてました笑

容姿も、コンプレックスだらけでした。

 

そんな私…人生の大半を、

「ちゃんとしなきゃ」「迷惑かけちゃダメ」

かわいくしていないと価値がない…

いい子でいないと、迷惑かけるし、認めてもらえない…と、、、ほんとうの自分の声を外には出さずに生きていたように思うのです。

(親にとってみたらいい子ではなかったのですが…。)

 

父親や母親、旦那の前では、捻くれたメガネをかけ生活し、子供達には罪悪感を持ち、友人や繋がり、彼氏などの前で…あまり、お願いしたり、頼ったり、ネガティブな自分を見せずに、

ポジティブな綺麗な面だけを表に表現して、演技して生きてきたように思います。

 

その堅い硬い固いプライドや不器用さや思い込みで、自分も周りもしんどくなる…循環の悪さをつくっていました。

 

 

 

 

20代前半から母親になり、ずいぶんと周りと自分自身を比べて生きてきたように思います。

 

人生の基準は、思えば、

父親や母親に言われた言葉や背景が

あるように思います。

 

今になってみれば、

両親の背景も両親なりの愛情も

両親なりの、その時の感情や、想いのある言葉や愛し方だったことがわかるのですが、

私の中の小さなめぐりちゃんは

「〜じゃなきゃならない!」と、

自分に対して、素直になる、表現する許可が出せなかったのです。

…本当は〜したい。でも、迷惑かけるし。でも、中途半端な人間だし。そんな価値ないし…と、

内側では、そんな感情を選んでました。

 

 

そんな私も、ここに至るまでに…

カメさんペースではあったものの、たくさんの氣づきや癒しが起こってきました。

 

私というこの世でたった1人の価値ある命に、

かけがえのない私の人生にエネルギーを注いでいいよー!!と。。。

 

〜しなきゃ、と、自分なりに頑張ってきた年月。

知らずに身についた我慢や遠慮グセで、氣づいたら自分がわからない状態になっていました。

 

私が、人生の多くの時間を素直になる選択をせず

いい子ちゃんをし、苦しくしてきたのは…

 "愛されるため"だったのだと思います。

 

周りの両親や旦那や子供や友人や職場の人間関係などに感じている感情は、私の昔の感情の

残像なのだなぁ…と。

そして、その感情は…親に分かってほしかった…もの。

本当は、"愛されたかった" "理解されたかった"

ただ、ただ、それだけなんだと思います。

 

 

自分の氣持ちをちゃんと分かってあげる自分が存在するようになり、

 

迷惑かけちゃダメ→頼っていい!!好きなことしていい!!素直な氣持ちを出していい!!

と、腑に落ちていきました。

そうして、心のエネルギーが満たされ、元氣になっていきました。

 

最近は、忙しい私…娘に家事をお任せしたり、

母親に頼みごとをしたり、旦那に思ったことが言えていたり…息子にも、こんな私を出しながら…

自分を大切にし、周りも大切にしながら

日常を過ごせています。

 

自分の心が満たされ、循環が良くなっていると…

感じる感覚も起きる現象も変わってくる。

 

不思議と、みんなもご機嫌で調子が良かったり

笑顔が増えているのが嬉しいし、

お腹の底から、感謝の氣持ちが

生まれてくるのでした。

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 

今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように*\(^o^)/*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021-10-20 20:05:00

まずは自分なんだ!!〜魂が喜ぶような氣づき〜

今朝は晴れた空が氣持ちが良かったです^ ^
私の住む長野県は朝晩の冷え込みが
進み、寒さがしみます。
秋の深みが肌や五感に触れ
昨日今日で、冬の訪れが近しいのを感じています。
最近…とーっても!感じること。
「まずは自分」なんだということ。
そして「すべては自分」なんだということ。
まだまだ、開拓中の私ですが…
そんな私の日常でも
イライラする自分
無気力な自分
焦る自分
前向きに動いている自分
ご機嫌いい自分、
うまくいかない自分
疲れている自分
わからない自分
などなど…登場します。
過去の私は、
ネガティブな感情の登場や存在に
とにかく、こんな私ダメ!!って
自分を責める時間に当てていました。
罪悪感のかたまり。
こんな私嫌い。いやだ。何もかも中途半端だ。
人とも比べては落ちてみたり、、、
正直に、人のせいにしている自分も深部にはいたんです。
 
そうして、みんな私が悪いんだ!
でも、誰かにわかってほしい。
助けてほしい。愛してほしい。って
外側に求めていたんですよね。
でも、何か、感覚では違う…って
氣づいてました。
その感覚を無視して過ごしてたんです。
だから…なんだか、どんどん、どんどん、
自分が消耗していくし、
氣力はなくなっていくし、 
自分がわからなくなっていく、そして、
起きる現象は、望まないことが起きてくる…
それでも、もっと!がんばなきゃダメ!って
私が改めなきゃ!どうすればいいの?って
いい子ちゃんと自己責めを続ける。
慌ただしく余裕がない、こころとからだ。
からだはメッセージをくれているのに。
思考でがんばる選択をする私。。。
たくさんの経験者の方々、先輩方の
ブログやInstagramやYouTubeのお言葉や…
いろんなセミナーにいった過去も
占いしてもらったことをinputし
とにかく、「自分なりの」前向き
さで、経過してきたんです。
でも、なんだか…しんどいよな。。。
と、変わらない自分がいました。
ある日…師匠が…
娘のことで悩む私に
自分を責めることで外側の現象をつくってないかな?って、言ってくれたんです。
そして、同じもの同士がそこにいるように感じる…と。。。
その言葉は…最初は受け入れたくないのか抵抗が起こりましたが、
私のこころに、じわじわと入ってきました。
頭で考える自分を一旦置いて、
1日感じてみる日をつくってみました。
正直にこころで感じる…ハートで感じること。
意識していたら…
泣けてきました。
たくさんの自分を否定する言葉を
自分にいっぱい伝えてる。。。
イライラする自分や…ぜんぶの自分を
こんなんだから娘が良くならないんだ!と、
…自分が自分に対して、罪悪感をたくさん生産している…
自分は自分にわかって貰えなくて
認めて貰えていなくて、、、悲しかった。と…
がんばってるのに、わかってくれないんだ。
と、訴えてきました。
今の自分だけ見るんじゃなく、
今の自分に至るまでの背景もみてわかってあげました。
ずっと1人でがんばってきたじゃない?って。
包みこんであげました。
娘に対しての感情も○
親に対しての感情も○
イライラ、罪悪感も○
こんな自分もいたっていいじゃん^ ^
当然だよね〜って。よしよししてあげました笑
グレーの状態の自分も、認めて、氣持ちを緩めて、氣持ちをよくしてあげる。癒してあげる。
 
ぜーんぶ 自分だから
ぜーんぶ私だよね〜
ぜーんぶ○だよね〜
まるごと、まんまを○
自分に寄り添ってくれる自分
いつも駆けつけてくれる自分
許してくれる自分
わかってくれる自分
このことが、大切なんだ!!と、
氣づけたんです。
頭ではわかっていたけれど、
こころではわかってあげれなかったこと。
娘もまた、おんなじ内側の会話をしていて…
あー。まずは自分、なんだなぁって
すごくすごーく!腑に落ちたのでした。
きっと、、、
自分の周りで起きる、
お仕事のこと、
子供のこと、
お金のこと、
夫婦のこと、
恋愛のこと、親のこと…
みんな、みんな、このことが根っこなのかもしれませんね(*^_^*)
この氣づきは、私にとって、、、
何よりも、大切な大切な氣づきでした。
まずは自分。
すべては自分。
深い、深い、嬉しい、嬉しい、感謝過ぎる導き、
ありがとうございました!!な私です。
今日もお読みいただきありがとうございました!
皆様も素敵な時間をお過ごし下さいね(*^▽^*)
2021-10-17 12:07:00

嬉しかったこと〜娘との癒しのひととき〜

 

夜、寝る前の一時。
娘の全身オイルマッサージとお顔のマッサージをするのが、最近の日課になっています。
娘は小さな頃から、母親の私のマッサージの
練習台になったり、高校まで陸上部だった為
足のケアにマッサージをしていたのですが。。。
当時、冷えが著しく出ていて、筋肉が張っていた
カチカチなからだには…くすぐったさもあり、
母親に対する思春期の抵抗や恥ずかしさから、
全身のマッサージを受けるという行程には
至らず、(からだの冷えや張りなどは氣には止めていましたが、)
そのこと事態を、特段氣にせず、経過していました。
以前も書きましたが、
娘はコロナ禍の中、こころとからだに不調を来たしていて、それからの関わりの中で
娘の誕生から今に至る人生を感じ、
こころにもからだにも、
ずっとチカラが入っての日々だったことが
母親としても心が締め付けられる程痛感でき
自分自身の未完了や後悔にも(未熟な母親でした。)
想いから、取り組む時間を頂けたのでした。
娘の不調の中に"恐怖からの眠れなさ"が
あります。
その時の、こころにもからだにも
緊張が強くきてしまうので、なかなか"緩む"ということが出来ないのです。
(トラウマや過去の経験から…できていることです。)
フラワーエッセンスや娘オリジナルの薬膳茶作りや、漢方よもぎ蒸し、カウンセリング、タロット、ただただ傾聴すること、一緒に筋トレをしたり
アロマオイルを調合したり、ストレッチしたり、
一緒にお菓子作ったり、ご飯つくったり、
ドライブいったり、買い物行ったり、一緒に寝たり、いろんなことを一緒にする中で、、、
久しぶりにマッサージしてみる?と、思春期には抵抗があった足以外もやってみると、
意外にも「氣持ちがいい〜」と、
全身のマッサージとお顔のマッサージを
喜んでくれたのですよね^ ^
…とっても頭が軽くなる〜
…からだも温かくなるし、何か余分なものが
とれたみたい…
…とってもチカラが入って生活を送っていたことを知った…などなど、
何より、その夜の睡眠が深くスーッと眠れる…と
マッサージが、娘のこころやからだを…緩やかにしてくれる手段のひとつになっていきました。
人の手から伝わる、暖かさって大きいですよね。
安心のある中で、からだに触れらると、
リラックスし、こころも開かれ、自律神経も
落ち着いていく…
母親と娘という関係性の中にも、
更に、角がとれ、まあるい感情が生まれていることも感覚として感じられ…
触れられることでの、
こころとからだの開きが
信頼を築いてくれているのだと感じます。
娘自身も漢方でいう氣血水が
からだで巡ることを感じ、氣づきもおこり、
自分自身のこころとからだが繋がっていて、
自分へのメッセージをくれていることも
体感しています。
寝る前の時間のひととき、
私と娘の癒しの時間になりました。
普段から、いろんなお話をしたり、
本音をさらけ出してくれていた娘ですが
(小さな頃から、うちの背景を感じとり「いい子ちゃん」を演じさせてしまっていました。)
今、自分がしているマッサージが、
味方になってくれていることも、
癒しを与えてくれていることにも
感謝なのでした。
娘の中に、
マッサージというお仕事への興味が
生まれたことも、嬉しかったことの1つです。
娘の不調は、今後、彼女が「自分を生きる」ことに、プラスになる出来事なんだと、
強く、彼女と彼女の人生を信頼しています。
(娘が大人になる前の早い時期に今のことが起こっていることも感謝なのだと捉えています。)
平和や希望、喜び、慈愛の氣持ちが、
娘の中に更に広がりますこと、願っています。
まとまりありませんが、
お読みいただきありがとうございました^ ^
今日も素敵な1日になりますように(*^▽^*)
9EAA7F90-CD04-4AA2-AA69-9A7E8AF65480.jpeg
1 2 3 4 5 6 7 8