2021.11.29 Monday

日記

2021-10-13 13:24:00

1人1人の存在の尊さ〜ありのままの姿から与えられた〜

 

 

長い間、関わらせて頂いていた

おばあちゃま、本日、お空に旅立って行かれました。

 

この写真は、そのおばあちゃまのいらっしゃるお部屋から撮ったもの。

 

大正生まれのおばあちゃん。

認知症ではありましたが…

感情をとっても素直に表すおばあちゃんでした。

戦争の時代を駆け抜けてきた方。

おばあちゃんのお話には、よく家族のお話が

ありました。

 

 

"一緒に田植えをしてね、家族やご近所さん

みんなで一緒におにぎりを食べたんだよ。"

"女学校に行かして貰えて、お琴の演奏をしたの。

朝日座に行って、お琴の演奏をしたんだけど

お母さんとお姉さんに教えてもらったな。

みんなで演奏して楽しかったな"

"お父さんが測量士で、仕事は引き継いだんだよ。

たくさんたくさん一緒に歩いて測量した。"

 

 

…などなど。。。

 

 

認知になっていても、

いい頃の「セピア色の風景」を大切にしている。

生きている。

娘時代のお話を、それはそれは、宝もののように

お話してくれました。

 

そして、大きな大きな声で、満遍な笑顔で

屈託ない表情で、

昔からある童謡や歌謡曲を歌う姿は、

不思議と周りを引き込んで、

周りのみんなをも、笑顔にし、よくみんなで合唱をしたものでした。

 

 

 

 

そんなおばあちゃまは、未婚であり

ご家族が旅立たれた後は、1人だった。

だからからか、根には寂しさがあり、

いろんな病は進んでいたかもしれません。

寂しさをそのまま表す時もありました。

(嫌なことは嫌と、はっきり言える人でもありました。)

 

でも、この方の明るさや強さ、素直さは、

私達みんなを癒して笑顔にしてくれていました。

 

寝たきりになってからも、

ご飯を食べれなくなってからも、

話せなくなってからも、

目がしっかり開かなくなってからも

 

 

私達の声がけに、穏やかな優しい笑顔を見せてくれて、手を握り返してくれる…その姿に、生命力の強さに、みんなが与えてもらっていました。

 

娘の小さな頃に遊んでいたメルちゃんのお人形を

娘から引き継いで、可愛がってくれて喜んでくれて、、、

本当に…可愛らしい…でも芯の強い、とにかく素直な方だったな〜と思うのです。

 

…私達は毎日毎日を生きる中で、

意図していなくても、

1人の人から与えてもらっていることが大きいなって思います。

 

 

その、ありのままの、まんまの姿に、生き様に

すんごく与えられている。

感謝だなぁ〜と思います。

 

何か特別なことをしなくたって、

素直に生きる、セピア色の自分らしさを大事にするおばあちゃんの在り方を、

私は、素晴らしい人だったな〜と、

関わらせて頂けたことに感謝するのでした。

 

ありのままの自分、を受け入れて生きること。

大切にしたいです。

 

 

今日もお読み頂きありがとうございました(*^▽^*)

 

 

2021-10-12 19:05:00

ここ1年の体験から…② (つづきです。)

 

 

 

(つづき)

 

東京にいってから、
恐怖から眠れなくなってしまった娘、
食事もまともにとれなくなっていましたし、
東京の夏は長野とは違い蒸し暑くて
冷房の中に日々籠りっきりで、
からだは深部からしっかり冷え、自律神経は乱れまくってしまっていました。

ウチに帰ってきたから…といって、
直ぐに安心が還る、、、というレベルでは
ありませんでした。

それから、自分がやってきた
漢方の知恵やマッサージや…
恩師に頼ったり、知人に聞いたり、
いろんなことを、試行錯誤、試していく日々が始まります。
私の師匠であるカウンセラーさんに
カウンセリングをしてもらいながら…

娘自身、そして、私自身も
「自分を知る、氣づく、癒す時間」を過ごすことになります。

 

 

 

 

娘のこの出来事から、

娘の感情は「恐怖」と、常に一緒に過ごすことになりました。

 

来る日も来る日も、

夜も昼間も恐怖と不調と共に生きている…

内臓の不調、吐き氣、頭痛、耳鳴り、めまい、食の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、不眠…

日によって出方も症状も波がある。

そして、恐怖は物音、暗闇、窓が空いていること、自然災害、家族の心配…あらゆるそれが怖いと限定できるものの他に、目に見えないものへの

恐怖も強くなっていきました。

誰かに見られてる氣がする…誰かがうちにいる、

など。。。

 

 

自分の部屋で過ごせなくなってしまい、

私と旦那と川の字で夜、眠るようになります。

 

 

娘自身は、からだの不調に対して、

強く苦しみや辛さ、不安、恐れ、絶望感、罪悪感、時として怒りを訴えてきました。

無理もないくらい、眠りにつけなかったし

本当にその不調は娘の中で現実に起きていて、

闘っているのです。。。

 

 

からだに何かあるんじゃないか!?

私は何かの病気なんだ!!

と、娘は病気を疑っていました。

今は便利過ぎる時代だから、

ネットで直ぐに調べることができるので、

たくさんの情報を検索しては、

いつも過度に心が反応し、落ち込み、不安になり自分を自ら追い込んで、更に更に、恐怖の氣持ちは強さを増していきました。

 

 

病気だという情報、からだにある症状を

直視して体感しているので…いくつもの病院へ行くことになります。

内科、耳鼻咽喉科、個人病院、大きな病院、

そして、薬を出されては効かず…また、違うことを疑う…検査を何度もしては、異常はない、と。。。

 

私には"やっぱりな…"と

"良かった〜"いう安堵感がありましたが、、、

娘にしてみたら…病気やからだの異常の診断がついた方が、納得がいったので、

酷く複雑な想いだったし、落ち込んでもいました。

 

 

こころのことが原因…と、いうことを

娘自身が受け入れること…本人にとっては

自己否定に繋がるし、自分の氣持ちと向き合うことに…嫌感があったのだと思います。

 

 

病院にいく度に…ストレスが原因かな?…

まだまだ若いからね、からだは異常ないでしょう。。。と、言われる度に、そんなに私のこころは

ダメなの?と、言われているような氣持ちに

なったと、話してくれました。

 

 

私はお仕事柄、いろんな人のからだやこころの

お悩みを聞いたりみたりしている中で、

娘と対話するのだけど…娘にとっては、母親、でしかないので…感情が先立ってしまい、

なかなか、娘の耳にすんなりとは、入っていかずな現状もありましたし、

娘がからだも、そしてこころも受け入れる氣持ち

になるまでに時間がかかりました。

 

 

そんなこんなで、娘のこれまでの人生や感じていたこと、ここに来るまでの

「トラウマが発生した出来事の時間軸」や

「インナーチャイルド」を、みていくことになります。

 

 

そして、母親の私自身も、母親としての人生、自分としての人生、自分自身をわかってあげる

時間になっていきます。

 

(つづきます。)

 

 

長々とお読みいただきありがとうございます。

 

 

1日お疲れ様でした。

ゆっくり休まれたり、

良い夜をお過ごしくださいね(^o^)/

 

 

 

2021-10-11 12:05:00

ここ1年の体験から…(昨日のつづき)

 

(つづき)

 

娘に起きていること。

そう…一見マイナスにみえている、この後ろに、
プラスがある!!ということ。

このことが、ストン!と胸に落ちた時。
なんだか、、、
それぞれの人生に与えられた愛ある経験なんだ!
と、暖かい氣持ちになれたのです。


マイナスをマイナスで終わらせるのは
勿体ない!と。。。

 

 

昨年、コロナ禍、大学1年生で

はじめての一人暮らし、

楽しい大学生活、

バイトをしながら…と

いろいろイメージしながらのはずだったのですが

世の中では、みんなが状況が一緒だったけれど

 

東京での生活、オンラインの授業、

誰にも合わずな環境や、不安、つまらなさ、

諦め、失望、氣の張り、ひとりの怖さ、孤独、

我慢、などが、

娘の中に占めて、様々な葛藤や嫌感をつくってしまっていました。

 

 

娘のこころとからだは「恐怖」から

いろんな症状で、お知らせをしていてくれたと

思います。

 

 

本来ならば、直ぐに、実家に帰ってこれることも

コロナ禍の環境や田舎町への帰省を、スムーズにはさせてくれませんでした。

 

私達家族がいろんな方法を考えたり、

潜伏期間を待つ時間に…娘の病みは

酷くなっていき、、、毎日毎日欠かさずな

顔を見ながらのLINE通話の表情も声も姿も

LINEの内容も、、、悲しく苦しいものになっていったのです。

 

当時、まだ、コロナ禍での過ごし方など

私達も無知だった頃、、、

 

私達家族も、私も、たくさんの話し合いをしたり、娘とも話し合い…

「もし、私が帰って家にいるじいじばあばに

何かあったら嫌だから、私が我慢すればいい!」

だから帰りたいけど帰れない!という、

感情のストッパーに…

なかなかウチに帰って来られず、、、

 

がんばり過ぎた娘は…

やっとの想いで帰省が実現した頃には

痛々しいくらい、切ないくらい、

本当に…心底、からだも、魂も、傷心し

変わり果てしまっていました。

 

長野に帰ってきても、直ぐには、家族全員との再会をする訳にもいかなかったし、

 

振り返ると…娘の去年の日々は、暗黒な時間だったと思います。

 

 

 

東京にいってから、

恐怖から眠れなくなってしまった娘、

食事もまともにとれなくなっていましたし、

東京の夏は長野とは違い蒸し暑くて

冷房の中に日々籠りっきりで、

からだは深部からしっかり冷え、自律神経は乱れまくってしまっていました。

 

ウチに帰ってきたから…といって、

直ぐに安心が還る、、、というレベルでは

ありませんでした。

 

それから、自分がやってきた

漢方の知恵やマッサージや…

恩師に頼ったり、知人に聞いたり、

いろんなことを、試行錯誤、試していく日々が始まります。

私の師匠であるカウンセラーさんに

カウンセリングをしてもらいながら…

 

娘自身、そして、私自身も

「自分を知る、氣づく、癒す時間」を過ごすことになります。

 

 

 

 

また続きを書かせてください^ ^

 

今日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

今日も素晴らしい1日になりますように( ´ ▽ ` )ノ

 

 

2021-10-10 12:05:00

マイナスの後ろにあるプラスの存在に氣づく

人生生きていると、いろんな出来事や感情を体験します。
私は45歳ですが、この45年という年月の中でも
私なりの体験や氣持ちを経過し、今があります。
(皆さんの人生もそうですよね(*^_^*))
その中での尊い経験のひとつに
娘とのこと、があります。
現在19歳の娘ですが、
いわゆるコロナ禍での
こころとからだの不調が起きました。
現在はかなり回復傾向↑↑なのですが
ここまで来る1年間はひとことではあらわせない体験をする日々となりました。
娘の不調はからだ的には…
最初は頭痛やめまいや吐き氣…胃腸の不調の
ようなものでした。
でも、それは、検査をしても何かある訳ではなく
こころの声だ!!と、経過していく中で
心底、体感していくこととなりました。
娘の不調は、
家族にとって、何より本人にとって
こころやからだが悲しむ、痛む、苦しむ、 
迷路に迷いこんだかのような出来事でした。
でも…私達は強く信じていました。
この出来事は、闇のようにみえて、
深部にある光が輝き出される大切な機会になることだ、、、と。
分からなくて不安で…心が砕けそうになる日も
体感しながら。。。
そう…一見マイナスにみている、この後ろに、
プラスがある!!ということ。
このことが、ストン!と胸に落ちた時。
なんだか、、、
それぞれの人生に与えられた愛ある経験なんだ!
と、暖かい氣持ちになれたのです。
マイナスをマイナスで終わらせるのは
勿体ない!と。
続き…次回に書いていこうと思います^ ^
今日も秋晴れ(*^▽^*)
皆様、素敵な一日をお過ごしください(^o^)/

 

2021-10-09 12:05:00

あなたと私の自由

 

 

日々、生きていると
「こころが反応する」出来事に遭遇したりします。
例えば…
職場の上司が機嫌が悪い…とか、
旦那がイライラしている…とか、
挨拶したのに無視する…とか、
LINEの返信遅いな…とか、
その出来事に、"いちいち反応してしまう自分"が
いることに氣づきます。
例えば…私の例でいったら…
旦那の機嫌、旦那の表情、旦那の態度、
旦那の言葉、旦那の空氣感…などに
私、なんか悪いことしたかな?
私のせいかもしれない!
私が悪いんだ!きっと!
と、いつもこころがすり減っていたんです。
でも、ある時から、
旦那がドアをバン!と閉めた。
→私、なんか悪いことしたかな?→怖い。
ではなく、
→あー、旦那は今、戸を閉めただけなんだ!
と、感じてみたんです。
機嫌が悪いと感じる出来事も…
私のせいかな?ではなく、
機嫌が悪いのね。という事実がそこにあるだけ。
と。。。
あなたも自由。
私も自由。
機嫌が悪いのも、自由。
あなたがそうなのは自由。
そうなんだね!ということ。
私は機嫌が悪いの嫌だ、という自由。 
私のせいではなく、
「ただ、それだけ」なんだと。。。 
挨拶の無視も…私、なんかした?ではなく
無視した…という事だけをみる、そんな感じです。
人間関係や夫婦関係などの中で、
いちいち反応していると、
心身疲れてしまったり、傷ついてしまったり、
怖くなってしまったり…
自分の上がり下がりに辛くなってしまいます。
「あなたはそう思うのね。」
と、淡々と流れるようにしてから
夫婦中も、親との関係や子供達との関係や、
お仕事での関係も、軽やかな波動になりました。
自分のこころの捉え方で、
生きる世界や味わうことも変わるのですね!
今日もお読み頂きありがとうございました(^o^)/
皆様の今日も素敵な一日になりますように!!

 

1 2 3 4 5 6 7 8